1. HOME>
  2. 教育内容(教育目的・教育目標)

教育内容(教育目的・教育目標)

教育目的

准看護師として必要な看護の精神・知識・技術を修得させ、社会に貢献しうる人材を育成する。

教育目標

  • 1.医師、歯科医師、又は看護師の指示のもとに、療養上の世話や診療の補助を、対象者の安楽を配慮し、安全に実施することが出来る能力を養う。
  • 2.疾病を持った人々と家族の様々な考え方や人格を尊重し、倫理に基づいた看護が実践できる基礎能力を養う。
  • 3.保健医療チームの一員として、准看護師の役割を認識し遂行できる能力を養う。

学年別到達目標(1年次)

  • 1.看護の基礎的知識・技術を身につける。
  • 2.健康への関心を持つことが出来る。
  • 3.看護の原則に基づき日常生活の援助が出来る。

学年別到達目標(2年次)

  • 1.医療チームの一員としての協調性を持ち、准看護師の役割を理解する。
  • 2.自己の看護観を持つことが出来る。
学科時間・実習時間
講義 1時間の長さ 45分(90分を2時間とする)
時間数 一年次 月・水・木・金
(1日4時間)
1~2時限 13:10 ~ 14:40
3~4時限 14:50 ~ 16:20
火(1日6時間) 1~2時限 10:00 ~ 11:30
3~4時限 13:10 ~ 14:40
5~6時限 14:50 ~ 16:20
二年次 月・火・水・木・金
(1日4時間)
1~2時限 13:10 ~ 14:40
3~4時限 14:50 ~ 16:20
実習 時間帯(施設により時間帯に差あり) 8:00 ~ 16:00
9:00 ~ 17:00
時間数 7時間
臨地実習
一年次 基礎看護実習Ⅰ 1月中旬~ 月~金 計70時間
基礎看護実習Ⅱ 2月中旬~3月中旬 月~金 計140時間
二年次 成人看護実習
老年看護実習
母子看護実習
精神看護実習
4月中旬~10月末頃 水・木・金 計525時間

ページトップに戻る