障がい福祉イメージ

  1. HOME>
  2. 在宅医療・在宅介護の連携

在宅医療・在宅介護の連携

高齢化が進むなか、病気を持ちつつも自宅等の住み慣れた場所で療養し、安心して生活が営めるようにするため、地域における医療・介護・地域支援が連携して、見守り、包括的かつ継続的サービスの提供を行うことです。

ページトップに戻る